自分らしさのあるオリジナルのシャツを作って自慢しよう

サイズやデザイン決め

白いシャツとサングラス

シャツ1枚も重要なファッション。
だけど好みは人それぞれ。
店に言っても自分好みのデザインや柄がなかったり、あるいはそもそも自分だけの世界に1枚のオリジナル品が欲しい場合もありますよね。
そこで、自分で作ってしまう簡単な方法をご紹介します。
まずは、デザインを入れるサイズの合うシャツを1枚用意します。
元の色がなにがいいかにもよりますが、白無地のものだと、より自由度が高いものが作れるのでお勧めです。
次に必要な物として、転写シートがあげられます。
これは、アイロンプリントなどとしてインクメーカーなどから発売されているもので、パソコンなどに取り込んだ写真やイラストなどをこれに印刷して、アイロンをかけてあげるだけでオリジナルのTシャツが完成すると言う優れモノです。
あとは、アイロンと作りたい画像やイラスト、文章などを用意すれば準備はOK。
アイロンプリントに同封してある説明書に従って作業するだけで、簡単にできてしまうのです。

では、作る時の注意点としてあげられるのは、転写シートの質や種類によっては、あらかじめ反転しておかなければならないものや、あるいは決まった手順を踏まないとうまく写らない事があります。
たいていのアイロンプリントは反転して印刷する前提の商品ですが、まれに反転しないタイプの物も存在し、うっかり逆の状態で作ってしまった、ということも考えられます。
注意書きはきちんと読んでおきましょう。
他にも、他人の著作権を持つイラストなどの創作物や、他人を批判ないしは中傷するような内容は決してして入れてはいけません、常識ですね。
自分で撮影したり、描いたりした写真やイラストなどを作ってこそ、完全に自分だけのオリジナルのシャツが出来上がるのです。
自分の好きな物を創り出し、ファッションの1つにする。
とてもすばらしいことです。
節度とマナー、ルールを守ってすばらしいクラフトライフを、そしてファッションを楽しみましょう。